乾燥肌対策研究所

乾燥肌やニキビ肌のスキンケアについて綴ります

*

ニキビを治すには色んな面からの改善が必要


出典:Lier

女性男性問わず、ニキビができてしまうととても気持ちが落ち込んでしまいます。
中には人に会いたくないとさえ思ってしまう方もいるでしょう。

そんなニキビですが、治す方法はちゃんと存在します。
しかも複数あり、それらを組み合わせればもうニキビなんか怖くありません。
では、ニキビを治す方法はどのようなものがあるのかを順にご説明していきます。
参考:セラミド化粧水ランキング1位を教えて

ニキビができにくい肌状態を心がける

まずは誰もが心掛けているであろう方法から説明していきます。
それがニキビができにくい環境を維持することです。
女性であれば化粧は毎日必ず落とし、その後しっかりとケアを行います。
ニキビが出来る原因の一つとして、汚れがちゃんと落ちていなかったり、髪などが当たり刺激を受けることが挙げられます。
肌を常に清潔に保ち、肌へ強い刺激を与えないように心がけましょう。
寝具も常に清潔に保つこともポイントです。

食生活改善も効果あり

ニキビは皮脂の塊でもあります。
なので食生活も改善していかなければ、ちゃんとニキビ対策をしたことにはなりません。
脂っこいものや糖質をよく摂っている方は、ニキビができやすい体質とも言えます。
これらを控えるのも勿論ですが、肌にいいとされるビタミンを摂ることもおすすめです。
特にビタミンB2、B6、Cはとても効果的なので、積極的に摂るといいです。
ただしビタミンCは果物に多く含まれていますので、糖質に注意しましょう。

生活習慣の改善にも取り組む

実はニキビは体の不調を表していたりします。
おでこや口周りは胃腸、鼻ニキビは肝臓の不調など、ニキビができる場所によって体のSOS信号が分かります。
なので、体に負担のかかる暴飲暴食は控えるようにしましょう。
暴飲暴食はストレス発散にいいかもしれませんが、自分からニキビができやすい体にしていることになるのです。
またホルモンバランスの崩れによっても、ニキビはできやすくなっています。
十分な睡眠時間を取ったり、お風呂にゆっくり浸かったりと、ストレスを上手く発散させリラックスできる時間を作るのも大切です。

このように、ニキビを治すための方法は一つではありません。
自分に合った方法で治していくのもいいですし、全て試して完璧にニキビとさよならするのもいいでしょう。

ニキビのできづらい肌を作る

ニキビとはいったい何なのでしょうか。
簡単に言うと、毛穴にたまった皮脂や汚れに、ニキビを作る原因のアクネ菌という菌が群がり繁殖、炎症を起こしたものがニキビです。
つまり原因は、皮脂や汚れだということです。
では簡単に考えれば、ニキビを作らないためには、皮脂や汚れのない肌を作ればいいということがわかりますね。
そう、ニキビ予防はたったそれだけのことなのです。
まず、皮脂。これは睡眠不足、ストレス、不摂生などで過剰に分泌されます。
つまり規則正しい、健康な生活をしていれば皮脂はちょうどよい量でおさまるのです。
脂っぽい肌の人は、当然その脂が毛穴にもたーっぷり入り込んでいます。ですからニキビができやすいのです。
脂性肌用の化粧水やスキンケア用品はたくさんあります。ですが、皮脂の過剰分泌を抑えるためには、なによりもきちんとした生活のほうが大事です。
なぜなら皮脂は体内で作られて排出されるもの。いくら肌の外部からいいものを吸収しても、体内で作られるものには負けてしまいます。
まずは体内を綺麗にすることからはじめましょう。
原因の2つ目、汚れ。こちらは皮脂とはことなり、体外から受ける影響です。
汚れとひとくちにいっても、生活しているだけで浴びてしまうホコリやゴミだけが原因ではありません。化粧もその原因です。
肌が汚い人はどうしてもニキビができます。毎日清潔を心がけましょう。
特に見落としがちなのが化粧汚れ。化粧は、肌に塗った瞬間から酸化していき、見た目はどんなにキレイでも、夜にはもうそれは汚れになっています。ですからしっかりクレンジング剤などで落とす必要があります。
そして毎日洗顔。これは基本です。しっかり泡立てた洗顔料で、丁寧に顔を洗いましょう。毎日これを心がけるだけでめっきり肌は綺麗になり、ニキビのできづらい肌になれるのです。
ニキビケア、と聞くといろんなスキンケア用品を使って、特殊なことをしなければいけないのかと思われがちですが、実はそんなことは必要ありません。
睡眠不足、ストレス、不摂生をやめて健康な生活をする。毎日きちんと洗顔する。たったこれだけのことでニキビができづらくなるのです。
ニキビに悩んでいる方は、まずこれを見直してくださいね。

公開日: